日本ではいまだにiPhoneがトップシェア

日本国内における2017年第一四半期のスマホ出荷台数では、iPhoneが48%強のシェアを占めて、圧倒的にトップだそうです。

ドコモ、auソフトバンクの3大キャリアはもちろんですが、最近人気のあるYモバイルやUQモバイルでもiPhone5SiPhone SEを新品で発売し出していることも影響しているのでしょうか。

ちなみに2位は京セラのスマホだそうです。意外でした(失礼)。

世界的にみてもiPhoneがトップシェアの国は珍しいらしく、たいていの国ではandroidスマホがシェアを占めているそうです。

元キャリアショップ店員で現在は小田原市でiPhone修理業を営んでおられる方に聞いてみますと、若い方はもちろんですが、最近ではご年配の方もiPhoneを購入していくそうです。

ご年配の方が「らくらくスマホ」でもなく「ガラケー」でもなく、iPhoneを選択する理由としては、インターネットやメールをしたい、ウィルスなど難しいことに気をつかいたくない、直感的に操作ができるのでスマホ初心者でも使用できる(かも)、家族など周辺の人たちがiPhoneユーザーなので教えてもらいやすい、などなどというような理由だそうです。

納得のいく理由です。販売側がそのように誘導しているとも考えられますが・・。

iPhoneの販売店では3ヶ月ごとのiPhone販売目標が設定されているらしく、これをクリアしていかないと、販売自体ができなくなるそうで、意識的にiPhoneを販売する(せざるをえない)そうで、販売側もかなり大変なのだとか。

でも、まあ「寄らば大樹の陰」(?)ではないですが、多くのユーザーがいる方が情報が多いので、トラブルなどを解決しやすいというのはありますね。また、ユーザーが多い分、使い方を聞きやすいですしね。

そんなこんなの相乗効果で、iPhoneのトップシェアはしばらく続きそうです。

 

新型iPhoneの噂が増えてきました

新型iPhoneの噂が増えてきました。iPhone8と呼ばれていることが多いですが、これまでの流れを踏襲すると、iPhone7Sなのではないかと思ったりします。

iPhone8のモックアップ(模型)が流出したとのニュースも出ていました。

背面のカメラが立てに並んでいるようです。その他、指紋認証センサーが背面に移動するとか。

まあ、こればかりはアップル社が正式発表するまでは、噂や推測の域を出ませんね。

iPhoneのサイズやある程度の形などは、発売前に分かっていることが多い様です。

アップル社が正式発表するのか、情報が工場などから流出するのかはわかりませんが、カバーやケースのメーカー、工場などでは、正式発表前に新iPhoneの画面インチ数だったり、縦横幅などのサイズ、どこにどのようなボタンが配置されたり、カメラが配置されたりという、外見上の情報は把握しているようです。

そうでないと、新iPhoneと同じタイミングでカバーやケースが発売されません。

だいたい、アップルの正式発表会は発売の2週間前くらいに行われるので、それから製造を始めたのでは間に合いません。

群馬県の伊勢崎でiPhone修理を営んでいる知り合いの話では、新型iPhoneの画面やケーブルなどの部品類は、発表の相当前からリークされることが多いそうです。

ツイッターフェイスブックなどで、iPhoneの部品工場の人などをフォローしていると、写真がアップされたりするそうです。

修理屋さんは、それらのリーク写真を見て、これまでのiPhoneとどこか違っているか、あるいは同じだとか、噂しているそうです。

新型iPhoneは例年ですと9月とか10月とかに発表ですね。

どのようなiPhoneになるのか、楽しみに待ちましょう。

 

水没の危険性が高まる時期

早いものでもうゴールデンウィークです。

スマホiPhoneの修理業界では、この時期から夏にかけては水没の修理が多くなる傾向にあります。

海外や国内の海だったり、川原でバーベキューだったり、海辺で潮干狩りだったりと、水辺に行くことが増えます。

そんな時に、ついはしゃぎすぎてiPhoneを水没させてしまうようです。

iPhoneの水没でネット検索すると、いろんな対処方法が出てきます。

共通しているのは乾燥させるということ。乾燥剤やお米の中にiPhoneを入れて放置することで乾燥させるなど、ほんとうに様々な方法が掲載されています。

プロの修理業者の方に聞いてみると、iPhone内部への浸水程度によりますが、ほんの少しの浸水であれば乾燥させることで復活することもあるだろうとのことです。

ただ、多く浸水している場合は、完全に乾燥させることは無理だろうとのこと。

実際に、水没後1週間たったiPhoneの内部をあけてみると、まだ水が残っているそうです。

やはり、内部を開けて処置を行わないといけないようです。

また、海水だった場合はヘタに乾燥させるとNGだそうです。

プロの修理では、ただ乾燥させるだけではないようで、いろいろと処置をした後に仕上げとして乾燥させるそうです。

気になるデータはどうなるか?ということですが、復活さえしてくれれば内部データが消えていることはほぼないそうです。

修理業者のポジショントークかもしれませんが、iPhoneを水没させてしまい、修理やデータの復旧を行いたいという場合には、やはりプロに任せるのがよいようです。

iphone-repair.three-up.net

isai vivid LGV32の故障

ちょうど2年前に発売されたauのisai vivid LGV32の故障についてです。

ネット上で、LGV32の電源入らなくなってしまったというユーザーを見かけます。

とくに落としたとか、水没させてしまったとかというわけではなく、ある日突然、電源が入らなくなってしまったという方が多いようです。

LGV32の電源ボタンを押すと、画面に「isai」の文字が表示され、その後に「au」のロゴが表示され、そして起動していくのですが、故障した人の症状では、電源ボタンにまった反応しない事例や、「isai」と表示はするが、その後真っ暗になってしまうという事例など様々です。

故障するとauショップで交換対応になるそうなのですが、基本的には同型機種と交換されるそうです。

中には、交換後のLGV32も同じく電源が入らなくなってしまったという悲惨な方も見られます。

内部のデータだけでもなんとかバックアップしたいところですが、電源が入らないことにはバックアップもできません。

そんな時に対応できる業者はあるのかを調べてみますと、あるようです。

電源が入らなくなってしまったLGV32からデータの復旧や復元、取り出しができたとの事例が掲載されています。

smapho.three-up.net

ただ、100%うまくいくものでもないようです。

料金が成功報酬型の業者も多い様ですので、試しにお願いしてみてもいいかもしれませんね。

iPhone修理の待ち時間

ビックカメラなど、iPhoneの正規修理サービスですが、かなり時間がかかります。

予約をとらずに訪店すると、1時間はあたりまえに待たされます。

新宿のビックロにある修理サービスのホームページを見ると、現在の待ち人数が確認できます。

どうも、これは店頭にある受付機(銀行とか郵便局にもありますね。要件毎に整理番号を自動発番してくれる機械です)と連動しているようですので、リアルタイムの待ち人数がわかるようです。

ビックカメラさんに確認したわけではないので、本当にリアルタイムの待ち人数かはわかりませんが。

先日、新宿でiphoneを修理しようと、ホームページを確認したところ、待ち人数が0人でした。すぐに受け付けてもらえるだろうと思いましたが、やはり待ちました。

正規修理は安心できるのでいいのですが、待つことだけはなんとか解消されないかな~と思っています。

直営のアップルストアはさらに混雑しているのでしょうか?

受付さえしてもらえれば、修理や交換自体はスグに終わるのですが・・・。

大阪の心斎橋はiPhone修理激戦区

全国に1,000店舗以上あると言われるiPhone修理店ですが、地域によって修理料金の相場に差があるようです。

調べた限りでは大阪エリアは東京に比べて修理料金が安いようです。

修理店の数が非常に多く、また密集しているため、競争が激しいことが要因と一つではないでしょうか。

例えば、大阪の心斎橋のiPhone修理店をグーグルマップで検索してみると、写真のようになりました。

f:id:korobayama:20170425172535p:plain

すごい数の修理店です。

徒歩10分以内に、10店舗以上あるのではないでしょうか。

これらの店舗がお互いの料金を調べつつ、負けない様にしているので、安くなるのではないでしょうか。

割引の条件が複数ある場合もあります。

例えば、iPhone6の画面ガラス割れの修理料金が通常6,800円であるのに対し、修理時に指定のアプリをインストールすることを条件に4,800円に割引するなどです。

アプリをインストールするだけなのですが、アプリの月額料金がかかる場合もありますので、確認しましょう。

これは「リアルアフェリエイト」などと呼ばれるもので、アプリをインストールすると、アプリの提供会社からお店にお金が入るんです。それを原資として割引をするという仕組みですね。

割引がないとしても、iPhone6のガラス割れ修理が6,800円というのは、なかなか安いレベルではないかなと思います。

あと、これはエリアに関係ないですが、iPhoneの画面修理について、ガラスが割れただけの修理は安いけど、液晶まで破損していた場合は追加料金がかかる場合もありますのでご注意ください。

ガラス割れだと思っていても、プロの目から見ると液晶まで破損している場合がありますので。

壊れたスマホは売れるか?

 リユース、リサイクルといった言葉が一般的になってから久しいですが、スマホも例外なくリユース、リサイクルが盛んになっています。

中古のスマホを買い取ったり、販売したりする店舗が本当に増えました。

ユーザーにとっては、新品に加えて中古の選択肢が増えるということでありがたいことです。

最近では携帯会社が下取りキャンペーンを積極的に実施していますね。

下取りをしたスマホはどこにいくのか?

詳しくはわかりませんが、恐らく、中古スマホとして再流通するのでしょうね。

普通に使えるスマホであれば、不要になった後、売却することができるのは想像にたやすいのですが、壊れてしまったスマホは売却できるのでしょうか?

スマホの機種変更の動機って、壊れてしまったから新しい機種に買い替えるというのが非常に多いような気がします。

いろいろ調べてみた結果、ズバリ、壊れたスマホも売れる!ということです。

新宿でジャンクiPhoneの買取を行っているお店に聞いてみると、画面が割れたり、映らなかつたりしているようなスマホは査定額がつくそうです。

要するに、修理をすれば使える様な状態のスマホであれば価値があるということです。

ただ、android系のスマホの場合、壊れていると価値がないわけではないのですが、かなり安く見積もられる模様。

対してiPhoneは壊れていてもかなりの査定額がつくそうです。

iPhoneの場合は修理部材が流通していて、比較的かんたんに修理し再流通できるということと、修理業者が沢山あるため、部品取りとして流通できるということ。

さらに、iPhoneは言わばグローバルモデルなので、日本だけではなく世界中の市場を相手に流通できることが強みだそうです。

ネットで「iphone 買取 ジャンク」で検索してみると、たくさん業者がヒットします。

iPhone5あたりのジャンク品は、さすがに発売から年月が経っていることもあり買取額は安いですが、それでも数千円で買い取るという業者がほとんど。

放置すればただのゴミ。買取に出せば数千円。

iPhone6あたりですと、1万円単位の査定額がつくようです。

やはり、新しめの機種の方が、たとえジャンク品であっても買取額が高くなる傾向にありますね。

壊れたiPhoneを放置している人は、いちど引っ張り出してきて買取査定に出してみてはいかがでしょう?

思わぬ臨時収入になるかもしれませんよ。