読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone修理業者で修理するデメリットが減る??

街中のiPhone修理業者(いわゆる非正規の修理業者)で修理をすると、アップルの保証がきかなくなるデメリットがありました。

アップルケアなどの有料保証サービスに加入していても、これが使えなくなるのがルールでした。

以前、当ブログの記事で、非正規の修理業者で修理するメリットは「安近短」と書きました。近くで、安く、短時間で修理が完了するという意味です。これに加えて、データはそのままで修理を行う業者がほとんどですので、データバックアップや復元を行わなくてもOKというメリットも含まれます。

対してデメリットは、上記の通り、アップルの保証がなくなってしまうことでした。

 

korobayama.hatenablog.com

 

 

しかし、ここにきて非正規の修理業者でiPhoneを修理してもアップルの保証が継続されそうな雰囲気が出てきました。

例えば画面が破損してしまい、非正規の修理業者で画面交換修理を行った経験のあるiphoneで、他の箇所が壊れてしまった場合(起動しなくなったとか、水没とか)。

現状はアップルの保証外になるので、なんの対応もしてくれません。

これが、画面以外の故障であれば保証の対象とするよう、通達があったとのことです。

現在はこのルールがアメリカを含め北米の国では適用されていることが確認されていますが、日本ではまだのようです。今後、北米同様にルール変更がされるだろうと、各メディアは推測しています。

www.excite.co.jp

 

新宿のiphone修理業者で画面を交換した後に、不幸にも水没させてしまい、iphoneが起動しなくなってしまった場合、これまでは中古のiphoneを買うか、機種変更するかといった選択しかできませんでした(アップルにはもっていきないため)。

このルールが変更になると、アップルで保証サービスを利用して安価に本体交換が受けられる、ということになります。

 

日本でも同様のルールになると、ユーザーの選択肢が増えてよいですね!