読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっちゃけiPhone修理業者ってどうなの

iPhone修理ができる場所

iPhoneの修理はアップルストアとアップル社の郵送修理以外にも、アップル社公認の正規プロバイダと非正規修理業者でできます。

アップルストアおよび郵送修理はご存知の通りです。

アップルの正規プロバイダとは、ようするに代理店ですね。アップル社直営ではなく、違う企業が、アップルの公認ライセンスのもと事業を行っています。

有名なところではカメラのキタムラさんがあります。

正規プロバイダでできる修理はアップルストアのそれとほぼ変わりないようですが、やはり、本家アップルストアと比較すると融通が利かないようです。マニュアル通りの対応になるというか・・。そして修理価格は店舗によってバラバラとのこと。統一されていないのですね。修理価格は代理店が決めること。アップルが価格を拘束するわけにはいきませんから、当たり前と言えば当たり前です。

非正規iPhone修理業者とは?

最近増加しているのがこの非正規業者です。要するには、正規以外の店舗を非正規と言うわけです。

iPhoneは、画面とか内部のケーブルとかカメラとか、諸々のパーツが市場に流通していますので、誰でも部品を入手することができます。

試しにアマゾンで「iphone フロントパネル」で検索してみてください。

きっと見たことのある、画面の部品がズラッと表示されます。簡単に手に入りますね。

あとは修理技術ですね。誰でも入手できるパーツと、誰もが出来るわけではないiPhoneの分解をセットにして提供しているのが、非正規業者と言われる修理店です。

それぞれのメリットは?

まずはアップル社直営の修理(店頭と郵送)ですが、メリットを考えると・・そんなに直接的なメリットは無い様に思います。唯一且つ最大のメリットは親方アップルのお墨付き、ということで、ユーザーである限りは、面倒を見続けてくれます。

次に正規プロバイダですが、お墨付きの部分はアップル直営と同様ですが、それに加えて、色んなところにお店があることが挙げられます。アップルストアは全国主要都市にのみ数店舗だけ。それに対し、正規プロバイダは、全国津々浦々・・とは言わないまでも、わりとくまなく配置されています。住まいの近くで、アップル公認サービスが受けられるのは大変なメリットですね。

最後に非正規修理業者ですが、一言で表すと「安近短」です。修理料金は安いし、どこにでもあるし、短時間で完了します。これに加えて、iPhoneの電話帳やらアプリやら画像やらのデータをそのままで修理してくれるところがメリットです。

それぞれのデメリットは??

アップル社直営サービスは、とにかく店が少ない。郵送は時間がかかる。そして、修理価格が比較的高い、修理時にデータを消去しなければならないということがデメリットですね。

店が少ないので、アップルストアへ行くと、かなり待たされます。予約も可能ですが、大人気(?)のため、なかなか思うよう予約がとれないようです。基本的にiPhoneはパソコンとかと異なり、今すぐ直さないと困る類のものですから、時間がかかるのはかなりのデメリットと言えるでしょう。

修理価格は、アップルケアという保証サービス(9,800円です)に加入していれば安いです。とても。アップルケアに加入していなければ、2万円~3万円は覚悟しましょう。ちなみに、アップルケアは壊れてから加入しようと思ってもできません。後悔先に立たず、なのです。

あとは、修理に出す際にはデータを消去する必要がありますから、修理に出す前にしっかりと、時間をかけてバックアップをとらなければなりません。

次に、正規プロバイダですが、ほぼアップル直営のデメリットと同様です。こちらも、大人気(?)のため、相当待ち時間があるようですよ。

さて、最後に非正規業者ですが、最大のデメリットは、一度でも非正規業者で修理を行うと、その後一切のアップル正規保証サービスが受けられなく恐れがある、ということです。「恐れ」というのは、ぶっちゃけた話ですが、バレたらダメということですね。

じゃあ、バレるのか?と言うことですが、これは何とも言えません。

交換するパーツにもよります。例えば画面パーツは純正品と同じ性能ですが、中に刻印などが施してある場合がありますので、iPhoneの中身を確認されると一発でわかります。あと、腕の悪い業者(担当者)だとバレる可能性は高くなるでしょう。中のネジやら細かいパーツを付け忘れる、紛失するとか、指紋がべったりついているとか。即バレです。

※2017年3月追記

非正規の修理業者でiPhoneを修理してもアップルの保証が継続されそうな雰囲気が出てきました。

例えば画面が破損してしまい、非正規の修理業者で画面交換修理を行った経験のあるiphoneで、他の箇所が壊れてしまった場合(起動しなくなったとか、水没とか)。

現状はアップルの保証外になるので、なんの対応もしてくれません。

これが、画面以外の故障であれば保証の対象とするよう、通達があったとのことです。

現在はこのルールがアメリカを含め北米の国では適用されていることが確認されていますが、日本ではまだのようです。今後、北米同様にルール変更がされるだろうと、各メディアは推測しています。

日本でも同様のルールになると、ユーザーの選択肢が増えてよいですね!

www.excite.co.jp

 

結局どこにiPhone修理を依頼すればよいのか???

修理にあたって優先するもので異なります。コスト、時間、その後の保証など。

アップルケアや携帯会社の保険サービスに加入済みの人は、せっかくなので正規修理に出した方が、コストメリットが高くなります。

保証期間(1年間)が過ぎていて、アップルケアや保険サービスに加入していない人は非正規修理業者の方がコストメリットが高くなります。

保証期間内(1年間)であっても画面割れなど、完全にユーザーの故意過失が原因と判断されるもので、且つ、アップルケアや保険サービスに加入していない人は、やはり非正規修理業者の方がコストメリットが高くなります。

どのようなケースにおいても、時間的なメリットや利便性は非正規修理業者の方がメリットは高くなると思います。予約不要、即修理、データバックアップ不要という業者がほとんどですから。

水没してしまい、中のデータだけでもなんとかしたいという場合は非正規業者しか頼る所はありません。

 

修理後に正規保証サービスが受けられなく恐れがありますが、部品交換でなんとかなるケースが多いわけで、運悪く、また故障してしまった場合は非正規業者に再度依頼してもいいですし。

部品交換でなおりそうにない故障。例えば再起動を繰り返すとか、ソフトウェアのバグなどに起因する故障が起こった際に、ちょっと困りますが、それでも機種変更とか中古を買うとかの手段は残されています。携帯会社を乗り換えると格安且つキャッシュバックまでついてくるご時世ですし。

というわけで、個人的には非正規業者に出して、サクッと終わらせるのも一つの手段だな、と思っています。

目には見えませんが、中のデータが一番大事なので、そこさえ確りバックアップされていれば修理にお金と時間をかけても仕方がないのかな、と個人的には思います。

渋谷、新宿エリアのiPhone修理